頬骨 シミ,シミ そばかす,シミ ロスミンローヤル

頬は特にシミができやすい場所。
だから頬骨辺りにシミやそばかすが集中して出来るのも当然と言えば当然のこと。

頬骨は少し小高くなっているので、一番日光に当たりやすいところでもあり、皮膚が薄い部位なのでどうしてもシミができやすい。

また、紫外線によるシミや加齢によるシミだけでなく、「肝斑」や「そばかす」も頬の近くにできるので、シミが集中して目立ってしまい酷い状況になってしまうこともあります。

頬辺りにできたシミの種類がなんであるかを知ってケアをしないと、どんなに手間とお金をかけても一向に解決しない可能性があります。


あなたの頬にできたシミの症状は?

頬あたりにできたシミの症状を知るには、3つのタイプのシミの特徴を知っておくことが重要です。
簡単なポイントを紹介しますので、あなたのシミと照らし合わせてください。

老人性色素班

数ミリ~数センチくらいの丸い形をしたシミで、月日が経つにつれてシミが濃くなりくっきりしてくる。

肝斑

目の下~頬骨の辺りにかけて左右対称で出来るもので、広範囲でぼやっとしたシミにみえる。

そばかす

10代頃から出来始めて、遺伝の要素が強く両親のどちらかにそばかすがある場合が多い。
細かなシミがたくさん知らばっていて、三角や四角の形をしている。


出来た頬のシミはどうやって消すの?

頬に出来てしまったシミを消すには、美白効果の高い成分のものを使う事。
的確にシミを消す効果が認められているのは「トレチノイン」という成分で、これは日本で認可されていないものです。
日本では「ハイドロキノン」でシミケアする人が一般的で、ハイドロキノンが配合されている美白化粧品を選ぶと良いです。もしくは塗り薬のようなもの。

気を付けてほしいのは「ハイドロキノン」はとても強い成分なので敏感肌の方には合わない可能性が高いのでパッチテストをおススメします。

ちなみに重曹でシミを消すという手作りのシミ消し方法がネットで出回ってましたが、正直言って”ん?”って感じです。
やってみたから分かるのですが、”ん?”って感じでした。やり方が悪かったのかな…

シミの種類で少し違うアプローチ方法になる

ロスミンローヤル 口コミ,ロスミンローヤル 効果なし

■老人性色素斑
ハイドロキノン配合の美白化粧品でシミを薄くし消していく。
紫外線対策を徹底敵にして、新しいシミを作らせないように防御する。

■肝斑
ハイドロキノン配合の美白化粧品でシミを薄くし消していく
規則正い生活習慣を取り入れてホルモンバランスを整える

■そばかす
ハイドロキノン配合の美白化粧品でシミを薄くし消していく
遺伝によって常にシミが出来続けるので、シミが消えた後も安心せず美白化粧品を使い続ける。ビタミンC誘導体も効果的
根本からそばかすを撃退したいならレーザー治療を検討する


シミは表面からのケアだけでは完璧じゃない

例え医療レーザーでシミを撃退したとしても、それは表面に出ているシミだけをレーザー治療したということであって、肌の奥にシミ予備軍がいたとしたら…
レーザーを当ててもまたシミが出てきた!なんて話を聞くのは、シミ予備軍がすでに肌の中に居たということになります。

ということは、肌の表面からだけではシミケアだけでは完璧ではなく、次のシミが出てこないように予防出来ていないことになる。

じゃどうするのか?というと、体の内側からインナーケアが必要だということでした。

紫外線が肌の真皮まで入り込んでメラニンを生成しないように抑制するために、シミやそばかすに効く医薬品を取り入れることが良いとされています。
シミを定着させず薄くしてくれる成分として「L-システイン」があります。

L-システインは、お肌の新陳代謝を促進してくれる働きがあるので、ターンオーバーを正常にして女性ホルモンの安定を図ることでメラニンが育ちにくい環境を体内で構成してくれます。
またL-システインはビタミンCと一緒に摂ると相乗効果があり、L-システインと同様にメラノサイトを阻害する働きを持っています。


L-システインとビタミンCが配合された
シミに効く医薬品はコレ!
↓ ↓ ↓