メラニンという言葉は、よく使われており誰でも聞いたことがあると思います。
それでは、メラニンの役割というものをハッキリ理解できていますか?

メラニンの役割を知れば知るほど、医薬品のロスミンローヤルが手放せなくなると思いますよ。


メラニンの役割

ロスミンローヤル副作用,ロスミンローヤル

メラニンと聞いたら、あまり良いイメージが湧かないと思いますが、メラニンの役割を一言で言ってしまうと紫外線からのガードです。

肌が紫外線を浴びるとメラニンが生成されて、
表皮細胞でバリアを形成します。

そして、肌細胞が紫外線の刺激を受けることがないように守ってくれるんです。

紫外線を浴びて刺激を受けると、DNAを破壊してしまったり皮膚ガンになってしまうことがあります。

しかし、このように肌のためにも病気を予防するためにもメラニンはなくてはならないんです。


紫外線とメラニンの関係性・シミとの関係性

ロスミンローヤル副作用,ロスミンローヤル

紫外線を浴びるとメラニンが発生してシミが出来てしまう…と思ってしまいますよね。

しかし、実際はそうではないんです。

先に話したように、紫外線を浴びるとメラニンが肌の中で生成されてしまいますが、それは肌細胞が紫外線の刺激を受けないようにガードするためです。

なので、メラニンが発生したからといって、すぐにシミになるというわけではないんです。

普通は、生成されたメラニン色素は、
肌のターンオーバーによって外に排出されますので
色素沈着は起きないようになっている
んです。

しかし、紫外線を過剰に浴び過ぎてしまったりすることでメラニン色素はどんどん生成されて、全てが排出されずに肌に蓄積して、シミとなって肌の表面に出て来ます。

紫外線を浴び過ぎるのはもちろんですが、加齢、ストレス、ホルモンバランスの乱れなどが原因になって肌のターンオーバーが乱れてもメラニン色素はシミになって残ってしまいます

シミは、乾燥肌や血行不良などが原因でも肌のターンオーバーが乱れがちになり出来てしまうので、正しいケアを行う事がとても重要になります。


シミにさせないためのケアとは?

肌表面のケアって、美白化粧品もたくさん出回っているし、美白化粧品を活用してケアしている女性は多いです。

しかし、果たして肌表面のケアだけでメラニンの働きを抑制できるのでしょうか?

前述したように「紫外線とメラニンの関係性・シミとの関係性」を知ると、年齢と共にこれだけではダメだ!と気づくのです。
ということは、体の中からのケアもプラスした方が良いのだろうと考え始めるのです。

そう、体の中からのアプローチは絶対に必要。
それは肌のターンオーバーが遅れがちになる30代から始めるとかなり予防できるとされています。

肌のターンオーバーが促進されれば、外に排出されますので色素沈着は起きないようにになっています。
代謝が悪くなっているから肌のターンオーバーも乱れがちになるわけで、その原因は血流が悪くなることにあります。

ロスミンローヤルは肌のターンオーバーを遅らせている原因の血流を促進させる成分がたくさん配合されているから、多くの女性に長く飲まれているのです。

ということで、ロスミンローヤルはインナーケアを行うことが出来ますが、生薬を含む有効成分がたっぷりと入っていますのでシミや小ジワなどの悩みを解決してくれます。



ロスミンローヤル副作用,ロスミンローヤル

上記配合の生薬による相乗効果によって血流を促進してくれますので代謝もアップ出来て、刺激を受けてしまった肌もしっかりと回復することが出来ますし肌のターンオーバーも正常にしてくれるんです。

ロスミンローヤルは、毎日飲み続けるだけのシンプルな医薬品なので、一度始めて効果を実感してきたら手放せなくなるそうです。

⇒初回限定75%オフのキャンペーン中!